【悲報アモバン規制】睡眠薬で困り中のやつはルネスタ以外ない!

睡眠薬アモバンとルネスタ

今や多くの人々に使われているごくごく一般的な薬の1つに睡眠薬が存在します。
統計によると日本人成人の凡そ15人中2人が使用していてその理由として考えられるのは日本のストレス社会や日常生活上での睡眠障害が悪化している事とされてます。

必需品化している睡眠導入剤ではありますが効力や種類、値段は様々で特に初めて使用する方にとってはどれを選べば良いのか分からない事の方が多いかと思います。
そこで今回はベンゾジアゼピン系と呼ばれる睡眠薬で依存性が弱くて呼吸抑制の副作用も起こり辛いと言われているルネスタとアモバンについて紹介します。
特徴としては筋弛緩作用が弱いのでフラつきや転倒の危険性が低い為高齢の方等にも安心して服用が可能である事と睡眠が深くなり翌日起床時の眠気や頭痛の副作用リスクも低くなっているので安全性に定評があります。
特徴の似ている両薬ではありますが大きな相違点も有りそれは作用時間と味覚障害についてです。
アモバンは服用後に来る強い苦味が報告されておりアモバンの苦味が苦手とな方は改善策としてルネスタを代わりに試し飲みする方も多い様ですが苦味自体は唾液腺から分泌される為唾液分泌量が少ない高齢者には苦味が感じにくい傾向にあります。
又、不眠の症状で薬を使い分ける上で最も重要なポイントと言え短時間型でも効果時間が長いのがルネスタで就寝前に服用すると20分経たずに効果が実感出来寝付きもぐっすりと深い眠りが出来たり後は睡眠中に何度も寝て起きてを繰り返す方や海外旅行先での時差ボケ解消にも使用される事が多いそうです。

睡眠薬は眠れない時の強い味方となりますが使用方法を間違ったり体に合わない場合不眠症状の悪化に繋がったり、日常生活に危険を来す可能性もあります。
最後にタイプも種類も色々であるので服用やその薬の特徴に関しては事前サーチをしておき必ず医師の診察を受け症状を見極めた上で自分の不眠タイプに見合った薬を使用して下さい。